杉山の趣味blog

スターウォーズ

スターウォーズ エピソード4 新たなる希望

1977年に
監督 脚本 ジョージルーカスによって製作され公開されました。

ストーリーはかつてジェダイ騎士団と旧銀河共和国が滅亡して久しい時代

銀河を圧政によって征服していた銀河帝国軍とそれに対する反乱同盟軍の戦いを描くまさに星間戦争です。

映画史に残る傑作映画のため知らない人は少ない作品ですが

1977年から42年間世界中の人々に愛され続け今なおファンを増やし続けているのは特筆に値しますね!

 

魅力

ストーリーもさることながら僕が魅力に感じるのはデザインです。

特にスターウォーズのメカデザインはのちのSF映画に多大な影響を与えました。

例えば全作品に登場するR2D2 C3PO ミレニアムファルコンは超カッコイイですね!

42年前のデザインですが今見ても新鮮だし現代の物ではないようなヴィジュアルに見えます。

やはり人は自分が見たことない世界を魅力的に感じるし感銘をうけるということでしょう。

そのデザインこそこの映画を傑作に押し上げた大きな要因の一つになっているのは間違いありませんね!

現にスターウォーズが公開されて以降SF映画ブームが起きます。

スターウォーズが無ければ製作すらされなかった映画も多かったでしょう。

たとえばエイリアンとかブレードランナーとかロボコップとかね!

そんな世界線は嫌ですよね!(笑)

 

スターウォーズ豆知識

ちなみにジェダイ騎士団はライトセーバーという刀(エピソード4の字幕はライトサーベル)を使って戦うし、

服装は着物のような服装をしています。

これは監督のジョージルーカスが日本の侍からインスピレーションを受けたからで、

ジェダイという名前も日本語の「時代」からきているそうです。

さらに実はスターウォーズは近未来の話ではなく、

はるか遠い昔銀河の彼方の話なんですよ!

つまり実は昔話。

時代劇だったんです(笑)

これは映画が始まる一番最初の青画面の文字にしっかり説明されているんですよ!

 

おわりに

2019年12月にエピソード9が公開されました。

スターウォーズのフィナーレになります。

僕は予告で泣きました。(笑)

過去に出てきたメカや

新しくデザインされたものもなど。

そんなデザインに注目してみるのも楽しみ方の一つかもしれませんね!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ナリタ マサキ

次の記事

新田の生い立ち